体験談・ご感想

体験談・ご感想


 

TERRA International Education Services.JNZ のサービスをご利用いただいた、生徒さんやご家族の方からの様々な体験談やご感想をお寄せいただきました。是非、参照ください。

生徒様よりのご感想 要約

僕が感じる先生の授業の魅力はとても親身になって教えてくださり、生徒をより深く理解しようとしているところです。ただ一人の先生として教えてくださるだけでなく、勉強の際の悩みなどどんなに小さいことでも相談に乗ってくださったり、新しい単元などに進む際にも分からないことがないか毎週聞いてくださり、人生で初めての受験勉強と言う状況の中で精神的にとても大きな支えとして1年間お世話になりました。

山口先生には日本語の小論文を提出していたのですが、入試は英語で書くことが求められたため、わざわざ他の英語の先生と相談し、山口先生は内容を、英語の方は他の先生にと言う風にわざわざ僕一人のためだけに独自の添削方法を考えてくださいました。僕が興味のあることについて雑談を交えながら授業を進めてくださるなど、僕が授業をできる限り楽しめるような工夫もたくさんしてくださいました。

僕はニュージーランドの授業であまり発言していなかったのですが、一年間指導通し立命館宇治に入学をすると授業などで積極的に発言できるようになりました。英語のクラスでエッセイを書く際にも、山口先生と作文をたくさん書いては直した経験がとても役に立っています。そのおかげで、成績の評価などで自分の考えをよく発信している、しっかりした主張ができているなど、今までは縁のなかった評価をもらうことができるようになりました。また自分の夢を深めることができたと思います。授業始めた頃は、具体的なものはまだなく、建物や映画など好きな物に関わる仕事をしてみたいと思っていただけでした。山口先生はその曖昧なものを僕の頭の中にあるアイデア整理しまとめてくれました。そのおかげで将来に向けてのゴールをより具体的にすることができ、受験に向けて助かっただけでなく、今努力をする上での支えになっています。自分の夢をもつと、今自分がなぜ頑張っているのか、それを達成するためには何が足りなくて必要なのかを考えることができるので、夢を発見できたことは指導の中で大きな収穫でした。

» 全文を読む

ニュージーランド留学&教育コンサルティング

植月 様(保護者)

周囲に同じような受験生がおらず、親もIBの経験はありませんので、疑問や不安あると彼はなんでも山口先生にご相談するようになりました。一年という長丁場、気分が下がるときや勉強がうまく進まないときもあり、山口先生からの的確なアドバイスと励ましが佑士の精神的な支えになっていました。

親としてはIB校が不合格だったときのことを考え、他の一貫校や付属校も受けたほうがいいのではとも思いました。そのとき山口先生から「学校はネームバリューや偏差値でなく、本人がそこで何を学べるのかに焦点を絞って考えるべきです」と言われ、先生が佑士の学力だけでなく性格や関心の方向などさまざまな視点から IB校への進学を応援してくださっていることが分かり、ほんとうに頭の下がる思いでした。

また勉強の合間には佑士の趣味や憧れている仕事の話にも先生が熱心に耳を傾けて下さったことから、佑士はすこし先の将来のことを考え始め、それも勉強の原動力になっていたと思います。山口先生の姿勢は常に「親身になる」という言葉そのもので、点数がすべての受験塾とは一線を画すものでした。

日本に比べ、NZでは早くから子どもたちに「自分はなにが好きで、なにを学んでいきたいのか」を考えさせます。大人の価値観を押し付けるのでなく、子ども自身が考え、意欲をもって進める道を探すために信頼できる指導者の存在は不可欠です。その意味でも息子は幸運だったと改めて感じています。

» 全文を読む


 

Y 様

学習指導を続けているうちに、何故学習することが大切なのかに気づかされ知識が増えることが自分への喜びに変わっていったことは大きな成長だったと感じます。いわゆる先生と生徒の立場だけではなく、絶妙な距離感を保ち、色々な面で子供を1個人として尊重してくださいました。

私たちが帰国するまで責任を持って親身に対応してくださいました。信頼感のある先生の指導は子供も楽しく集中して学習に向き合えると思います。専門的な知識や経験豊富な講師のサポートは親子共々、心強いものです。いい先生に出会えることが大切なポイントだと思います。

帰国受験対策指導
(×塾天)

植月 様(保護者)

立命館宇治(IBコース)合格

帰国が決まったあと親子で日本の学校探しを始め、いくつかの候補から彼が選んだのはIB(インターナショナルバカロレア)が学べる私立の中高一貫校。特殊な学校のためどんな受験対策をしたらいいのか分からず、相談できる先をいろいろ当たっていたときに山口先生とお会いする機会を得ました。最初の面談で先生から、ご自身もIB教育に高い関心をお持ちということ、日本でたくさんの受験生を指導された経験があることを伺い、なにより面談後に本人が「山口先生から教わりたい」と強く希望したことから受験までの一年間お世話になることに決めました。

山口先生の授業を受け始めてしばらく経つと「NZの学校もいいけど、日本の勉強はやっぱりすごい」と言うようになりました。日本では決して勉強が好きな生徒ではありませんでしたが、山口先生から教わる国語、数学、面接対策はどれも「難しいけど、細かいところまでちゃんと教えてもらえるから解るようになるし、楽しい」と。勉強が楽しいと言われて正直、驚きました。

息子は今でも、NZ 生活で一番思い出すのは山口先生との時間だと言います。先生がいたから勉強はおもしろいと思えるようになったと。山口先生との出会いと学びは、彼の人生の確かな糧となっています。

» 全文を読む


 

K 様

東京都立国際高校合格( IBコース)

合格に結びついたのは、山口先生指導のお陰です。勉強面でも、精神的な面でも、支えていただきました。

支えてくださった山口先生がいたからこそ出来た本人の努力です。感謝しています。ありがとうございます。

スカイプの延長授業もありがとうございました。子供が山口先生に会えたことがニュージーランドに行って良かったことだと言っています。3年分を9カ月で指導するという無理難題をお願いして、指導してくださったこと、感謝しております。
本人はもちろん私共家族も正直、厳しい結果も覚悟しておりましたが、先生は最後まで息子を信じて下さり根気よく励ましつづけて下さいました。本当にありがとうございました。

木曽夏美さん

東京学芸大学附属中等教育学院合格

 

私は普段の生活の中で緊張感を感じるたびに、毎回勉強をしてその緊張感や不安感をカバーしていました。特に英語のエッセイではあまり練習をしたことがなかったので新しい単語などを覚えることを努力してきました。

山口先生の励ましや沢山のアドバイスで自分に少し自信が持て、受験に向けてしっかりと準備ができたことで、合格を引き寄せることができたと思います。山口先生はいつも、どんなに小さな質問にも細かく分かりやすく答えてくれ、説明してくれ、本当に助かりました。

授業などを通してやはり自分に合っていると思うこの学校に入学できて本当に良かったです。

 

海外在住子女指導〜Terra寺子屋塾

M 様
オークランド校

塾に通うようになってから、子供たちが算数が好きになりました。勉強以外の悩みも聞いてくださり、子育てのアドバイスをもらえる所、国語や算数の勉強の進め方など、個々に合わせて方法を見出してくれる所、先生の娘さんが経験してきた実体験を通して、今後の勉強の課題など日本語に限らず英語に関しても的確にアドバイスしてくれる所、色んな角度から子供に無理をさせずにさり気なく指導をしてくださる所、 臨機応変に色々と対応してくださる、子供たちが寺子屋が大好きな所などが気に入っています。いつも山口先生には、日本語の勉強に限らず英語の問題やNZの教育について、沢山のアドバイスや対策など相談に乗って頂きとても感謝しております。NZの子育てに関しても、親の立場で色んな意見を聞かせて頂いたり、子供の指導だけではなく親の悩みも聞いてくれるので、経験豊かな先生に巡り会えた事を本当に嬉しく思っております。 どうぞこれからもうちの子供達をよろしくお願い致します。


 

N 様
オークランド校

通塾するようになって、自主的に勉強するようになりました。総合的に満足しています。大げさに聞こえるかもしれませんが、Taku先生との出会いが、我が子の人生を大きく変えたと思っています。子供の興味をうまく引き出して下さり、意欲的に勉強に取り組めているところが素晴らしいと実感しています。


 

O 様
クライストチャーチ校

寺子屋塾に通う前、日本語をある所で習わせていました。連れて行く時、毎回喧嘩が絶えず、行きたくないと泣き叫ぶ娘を無理やり連れて行く私が嫌で仕方ありませんでした。それでも私は日本語を好きになって欲しい親心からでしょうか、我慢して連れて行くの繰り返しでした。ある時、妻からこれを続けると娘が日本語を嫌いになり始め、日本の事も嫌いになる可能性があると指摘され悩んでいた時、知り合いの紹介で寺子屋塾に連れて行きました。効率のよい日本語の学び方、先生の指導の仕方に私は共感しここで日本語を覚えるのが嫌な娘を預かってもらおうと決めました。通塾初日の娘の言葉は今でも忘れません。「パパ日本語覚えるの大好き!」と笑顔でした。本当にビックリしました。こんなにも違うものなんだと。親が選ぶのでは無く娘が選んだんだな~と考えさせられました。今はとても楽しんで通塾しています。


 

K 様
オンラインコース

通塾するようになり、日本語が嫌いだったのが、苦痛にならずにレッスンを続ける事が出来るようになりました。また日本の文化に興味を持ってくれて、日本人には日本語で話す努力をしてくれるようになった事も通塾で変わった点です。

オンラインでレッスンを受けれるので、高校生の忙しい子供でも先生と時間の設定が自分で出来て無理なく続けられることに満足しています。

私が子供の日本語教育に関わらなくなって随分立ちますが、その効果があってか、本人が自分で先生と授業の時間などを決めて日本のレッスンを続けてくれたことをとても嬉しく思っています。これも先生のお人柄と授業の内容に工夫をして下さっている先生のお力のせいだと感謝しております。これからもどうぞよろしくお願い致します。

立川君
出張教室(家庭教師)コース

僕は帰国子女として日本の大学入試を受験するため、英語と小論文を学校のアドバイザーの紹介のTerra寺子屋塾の講師の先生に5ヶ月指導していただきました。

最初の2ヶ月半はTOEIC対策を受講しました。受講以前、僕は文法は苦手で知っている単語も少なかったので、テストでは知っている単語から文脈を推測していて、結果として成績が伸び悩んでいました。寺子屋塾の先生は最初に模擬テストを実施して、僕の弱点を見抜いて集中的に指導してくれました。文法が苦手だったことについては、構文の解析や文法の解説、日本語訳を通して文章一つ一つを精読する習慣を付けました。時間がかかり大変でしたが、おかげで1ヶ月半ほど経ったころから、以前に比べては文章の意味がはっきり分かるようになりました。同時に語彙力をつけるための単語学習法を教わりましたが、こちらも1ヶ月半で3000も語彙が増えました。受講途中で受けた試験は成果が見えない時もありましたが、最後に受けた試験は見事最高得点を取ることができました。

後半2ヶ月半は志望理由書と、小論文・面接対策を指導してもらいました。受講前は正直、何から始めたらいいか分からない状態でした。志望理由書については、志望する大学の特徴や自分の得意分野などを上手く結びつけるように教わりました。小論文では、僕が書いた文章を添削し、書き方のポイント・伝えたいことの提示の仕方・論理的な文章の組み立て方を指導してくれたので、何度か書き直すうちに満足のいくものが出来るようになりました。また、志望理由書に基づいて面接で聞かれそうなことや、それに対する答え方についてもしっかりとした知識・考えに基づいた答え方を教わり、実際の面接ではリラックスして面接官の方々と会話を楽しむことができました。結果として、帰国して受験した二つの大学は両方とも合格しました。

こうして大学進学を決めることができたのは、親身に真剣に僕に向き合って指導してくれた寺子屋塾の先生のおかげだと思います。先生は大学進学後のことも考えて色々なお話もして下さったので、受講を終えたこれから何年か先まで役に立つ勉強法・経験ができたとおもいます。ですから、これから入塾を検討されている方々には、Terra寺子屋塾を自信を持っておススメします!

受講生: 植月 君

立命館宇治(IBコース)合格

ニュージーランド教育 & 留学コンサルティング
帰国受験対策指導(×塾天)

僕が感じる先生の授業の魅力はとても親身になって教えてくださり、生徒をより深く理解しようとしているところです。ただ一人の先生として教えてくださるだけでなく、勉強の際の悩みなどどんなに小さいことでも相談に乗ってくださったり、新しい単元などに進む際にも分からないことがないか毎週聞いてくださり、人生で初めての受験勉強と言う状況の中で精神的にとても大きな支えとして1年間お世話になりました。数学、国語、小論文、そして面接対策などに重点を置いてみてくださいましたが、どれも最初は得意ではなく、特に小論文や面接などは自らの考えをまとめ論理的に説明する能力が問われていたので、日常の会話の中でも理論が飛びがちな僕にとってとてもハードルが高く苦労したのを一年以上経った今でも身に染みて覚えています。いざ実際に小論文を書いてみたり、面接形式で先生と一対一で練習をしてみたのですが自分でも何を言っているのか分かっていなかったりなど、結果はボロボロであと一年で合格レベルまで届くのかが半信半疑でした。そんな結果を見ても先生はとても根気よく教えてくださいました。毎週A4の紙2枚に小論文を二つ提出していたのですが、紙がまっかになるまで細かく採点してくださいました。山口先生には日本語の小論文を提出していたのですが、入試は英語で書くことが求められたため、わざわざ他の英語の先生と相談し、山口先生は内容を、英語の方は他の先生にと言う風にわざわざ僕一人のためだけに独自の添削方法を考えてくださいました。僕が興味のあることについて雑談を交えながら授業を進めてくださるなど、僕が授業をできる限り楽しめるような工夫もたくさんしてくださいました。

この指導を通して、以前よりは自分の考えを周りに伝えることに抵抗が無くなったと思います。入試対策のために面接の練習や作文を指導してもらったことにより、自分の考えがよりスムーズに出てくるようになったと思います。僕はニュージーランドの授業であまり発言していなかったのですが、一年間指導通し立命館宇治に入学をすると授業などで積極的に発言できるようになりました。英語のクラスでエッセイを書く際にも、山口先生と作文をたくさん書いては直した経験がとても役に立っています。そのおかげで、成績の評価などで自分の考えをよく発信している、しっかりした主張ができているなど、今までは縁のなかった評価をもらうことができるようになりました。また自分の夢を深めることができたと思います。授業始めた頃は、具体的なものはまだなく、建物や映画など好きな物に関わる仕事をしてみたいと思っていただけでした。山口先生はその曖昧なものを僕の頭の中にあるアイデア整理しまとめてくれました。そのおかげで将来に向けてのゴールをより具体的にすることができ、受験に向けて助かっただけでなく、今努力をする上での支えになっています。自分の夢をもつと、今自分がなぜ頑張っているのか、それを達成するためには何が足りなくて必要なのかを考えることができるので、夢を発見できたことは指導の中で大きな収穫でした。

受験は当たり前だけれども決して楽しいことではありませんでした。しかし受験でしか経験できないこともあったと思います。その一つはがむしゃらに頑張るということです。自分はニュージーランドにいくまで遊んでばかりで、本気で頑張るという経験をあまりしたことがありませんでした。なので人生はじめての受験は、人生の中で最初の課題でした。最初はとても受験がとても嫌でした。自分が嫌いなことでもやらねばならなかったり、なにより自分ができないということが結果に反映されてしまうのがとても嫌でした。それでも半年ほどたつと、人生の中で死に物狂いで努力をする機会はあまりないことだと思ったので、いっそのことベストをつくそうと考えるようになりました。合格発表の日に自分の数字が載っていたのを見たときは人生の中で最も嬉しい時でした。自分ができる限りのことをやり、最も望んだ結果が出るということがこんなに嬉しいことだとは受験を通して始めて知ったことでした。努力をすると、自分はこれができたのだからこれもできる、という様に心の中での重要な動力源となっています。

ニュージーランドの教育の良いところは生徒を褒めるところだと思います。失敗しても褒める、どんなに小さいことでも成功したらもっと褒めるという様に、NZの先生方は生徒のやる気を高めてくれる方が多いです。結果が最も重要なのではなく、生徒が学校にいることを楽しむのが一番だという価値観がとても尊重されていると思います。英語を習い始めた時は、今までと少しでも違うことができたら先生が笑顔を向けてくれたのがとても嬉しかったのが今でも記憶に残っています。周りの人となかなか話せない、成績はどんなに努力をしても伸びないという状況の中では、褒められるということがとても強い支えでした。特に嬉しかったのは、結果だけではなく努力の過程をしっかりと評価してくれたことです。成績表のコメント欄にも普通なら叱られて終わりなはずの試験の結果を、お前ならもっとできる、このまま努力をし続けろ、くじけるな、お前みたいに努力をしている奴はいないぞ、など何がなんでも僕のやる気を下げまいと必死になって応援をしてくださいました。また三年目の学期末にPrincipal Award (校長賞) を受賞した際には、入学当初から応援してくださった先生方が我が事のように喜んでくださったことがとても嬉しかったです。日本に帰ると伝えた時には、いつでも帰ってこいと言ってくださり正直少し泣きそうになりました。

三年間を通して喜びと失敗や挫折は表裏一体でした。一番最初に直面した壁は語学でした。現地に渡った時に話せた英語は挨拶と自己紹介ぐらいでした。学校で英語を教わっても、先生が話してるこほとんど理解できなかったため英語力はなかなか伸びませんでした。なのでまずは、日本語のテキストで英語の基礎、基本的な文法や単語を猛勉要しました。振り返ってみるとこの勉強で得たことがとても役立っています。基礎が頭に入ってると、応用をする段階で勉強しやすかったと感じました。ベースができれば、そこからは積み上げていくだけだったので比較的スムーズに勉強することができたと思います。基礎が一通り頭に入った後は、好きな本や映画などを読んだり見たりしながら英語に馴染んでいくようにしました。ニュージーランドで撮影されたロードオブザリングという映画はセリフをほぼ全て覚えてしまうほど見てしまい、単語や文法を勉強する時に、映画に出てきた言い回しなどはいち早く覚えることができました。いまでも映画はほぼ英語で見ており、英語に日々触れる習慣が身につきました。また映画だけでなく、海外の本は英語で読んだ方が面白い場合もあるので、原書を読むときもあります。まずは英語を勉強するのを楽しむことから始めたのが、結果的にとても良かった思います。

このような貴重な経験を通して学んだことは努力の大切さです。たしかに小学校六年生から中学二年までの三年間は決して楽しいことばかりではありませんでした。人種差別的なことにもあったし、なかなか友達ができずに孤独だったり、文化や考え方などの違いなどでも苦労しました。しかし苦しいことを切り抜けたからこそ、 英語が上達したり、価値観がそれぞれ違う環境なので、先生方や友達が僕自身の考えを尊重してくれるため自分自身に自信がついたり、最下位だった成績を上位に持ってくることができたりなど、苦しみを通してしか味わえない喜びや達成感を知ることができました。努力の大切さというのは今はもちろん将来でも役立つと思います。中三から立命館宇治のIPSクラスに編入したのですが、最初はやはり久しぶりの日本の学校生活に苦労しました。言語の壁こそありませんでしたが、部活と勉強の両立や課題が多く出るためタイムマネージメントをうまくしなければならないなど、課題はたくさんありました。このような追い込みの状況であっても、これを頑張ったらこのような結果がでるというように自分で目標を設定してやりくりしました。このような時に役に立ったのが自分の将来の夢です。将来こうなりたいから、今限界まで努力をして後悔の無いようにしようと思いながら日々を過ごすことによって、どんな状況でも自分を見失ったり、挫折しないようにしています。また国際関係に興味をもったのは、ニュージーランドの多国の文化が混じった環境で勉強が出来たからです。日本のことだけでなく、世界中に目をむけることで、学べることがたくさんあることに気づかされました。こう思えるようになったのも全ては、ニュージーランドで得た経験のおかげです。

ただ留学に行ったからといって、決して英語力がすぐに伸びるわけではありません。留学によって得られるものの量はどれだけ努力をしたかによる物だと思います。どんなに辛いことがあっても諦めないでください。諦めたらそこで終わりです。どんなに英語が話せる人でも最初はゼロからのスタートです。つまり最初は出来ないことがあたり前です。なので失敗を怖がらずに、少しでもいいから英語で少し話して見るなど、自分のペースで努力をし続けてください。新しい物ごとにチャンレンジするのに最適な場所です。失敗したほど、成功への道がより近くなると思います。また得るものは英語だけではありません。異文化の体験だったり、外から見た日本の良さなど日本では経験できないことが沢山あります。それらは将来の可能性を広くするためや今後の学習にきっと役に立つと思うので、ニュージーランドで新たな一歩を踏み出してください。

I recommend Mr. Yamaguchi for his kindness and deep understandings in his students. He teaches his classes as a teacher as well as working as an adviser who is always eagerly to support the students whenever they need advices for studying and any issues for daily life. I had lessons of him for Japanese, Mathematics Interview and Essay to get into a school in Kyoto and he was a strong supporter for me to prepare for the entrance exam throughout the year. I struggled to study for the exams since they expected me to have logical arguments and explanations for the interview and the essay which I often ignored in even normal conversations with my friends, family and teachers. He coordinated special classes for me to develop my skills to think and write logically in interviews and essays. Because he is specialized at Japanese interviews he even asked my English teacher to practice the interviews with the same content but in English. I filled two pieces of A4 paper for the essay classes and I still remember that those essays were covered with red inks with his comments to suggest any improvements. We also had chats about the topics I was interested in during the classes which was his kind caring to make the lessons more enjoyable for me.

Through his lessons for one year, I conquered my weakness of thinking logically. Writing essays and practicing interviews every week were great opportunities for me to get over the issue. I was not one of the active students in classes at NZ school but it is now my habit to raise my hands in the classes at the school and speak up my arguments. Sometimes I even get positive comments on my attitudes of being active which would be an unbelievable thing in NZ. In addition, I deepen my goal in the future. I’ve only had vague and abstract ideas of what I want to be like. Mr. Yamaguchi listed out those ideas from me and organized those for me in order to find what I want to be. Having a goal for the future is a strong support to you especially when you are in hard situations and guide you to find out what needs to be improved of your academics as well as your personality.

Studying and preparing for the entrance exam was surely not enjoyable. However it cannot be denied that there were some experiences that I could have only gotten from the hard time of one year. I’d like to introduce one of those valuable experiences which is working hard for one goal. “Working Hard” was not easy as it sounds for me in the year and in fact the real situation was like “Pass the exam, or your are done”. I had been playing around all the time in the primary school and I did not know what it means to try my best so the exam was one of the first challenge that faced in my life. At first I didn’t like studying for it. Doing what I hate was not one of the favorite habit and it was very annoying for me that the results clearly mirror my weaknesses. My negative thoughts remained until it passed almost a half year since I began taking the classes and started thinking there would not be many opportunities where I am able to show my best. The moment when I say my exam numbers on the board on the day of presenting the results of the exam was one of the happiest one in my life. Through this experience, I understood how doing the best brings the the best result is a pleasure thing for the first time. This experience provided me a confident and is now an important motivation in my mind.

One of the significant characteristic of the education in New Zealand is awarding the students which also give them confident within themselves. The principle many NZ teachers share is failure worth for good words and small successes worth the highest praises. They evaluate their students by not only looking what they have done but what process they underwent. It is also the priority to them that the students enjoy going to the school. I still remember my English teacher was always smiling to me no matter if failed or succeed. The grades of my first year in NZ were surely worth to be disappointed but the teachers commented about me for how hard I was working at the school with the words of, “you can do better”, “never give up” and as such. At the end of the last semester in New Zealand, I got the honor to receive the Principal Award for my academic achievements which all the teachers who had been supporting me since the first year congratulated me saying it was the production of my hard works for three years. In fact it was the result of the strong support of them . I can’t express how pleasure the words were. They all never depressed me and only increased my motivation for three years.

Throughout the three years in the country, the successes and failures were like the two side of the same coin. The first challenge I faced in New Zealand was the language. I could barely speak English and the things that I was able to do were only greeting and introducing myself. I had English classes for international students ( ESL, English Second Language ) but since it was all done English I only learnt a few vocabularies and grammar. So I began working on English, starting from the basic grammars and vocabularies by using Japanese text books by myself. I think studying the basics is the most important stage of learning English because it helps you to have solid understanding in the language and it would be easier to study harder levels later on. Once I got the minimum knowledge of English, I read English books and movies to have get used to using it. I was obsessed with the movie The Lord of the Rings taken in NZ. I watched it so many times that I remembered most of the phrases. At the same time I learnt grammars and the words in the movie. I did not deal with English as studying but as an entertainment which is why I was not reluctant toward it which also made my progress faster.

English is not the only thing I gained during the years. I strongly felt the importance of the endeavor toward something. Three years were not all about pleasure and successes. There were surely some racists, I struggled to make friends and the different in culture was shocking and some were hard to be understood. But because I underwent those challenges, I had the huge senses of accomplishment for getting confident in my thoughts and increasing the grades from the bottom to the top. Knowing the importance would also be the hint in the future. I got into IPS classes of Ritsumeikan Uji. It had been a long time since I left Japanese schools, so I had similar feeling of when I first went to the school in NZ. I need to manage my own schedule to balance my club activity and studying everyday and it is an easy thing. I always recall the importance of hard working I got in NZ when I’m in difficult time not to give up for the future goal.

To those of you who are planning to study in NZ: I can’t promise you that you can be better at speaking English by just going to NZ. It all depends on how hard you are going to work. You will face challenges that you never imagine which may stress you beyond description. But I can promise you that the more you work the more you will get prizes that worth to your hard works or even more. Do no give up. If you give up, that is the end. You will understand the multi-cultural world, the merits of japan that can be known only from the outside. The experiences you will have would provide more choices in your life. I hope you will have a first step to the challenge in New Zealand.

保護者: 植月 様

ニュージーランド教育 & 留学コンサルティング
帰国受験対策指導(×塾天)

一生の糧となる学び

私たちの息子、佑士はオークランド(NZ)の学校に約3年通い、中学3年の春に日本の学校へ戻りました。帰国が決まったあと親子で日本の学校探しを始め、いくつかの候補から彼が選んだのはIB(インターナショナルバカロレア)が学べる私立の中高一貫校。NZで身につけた英語力を維持しつつ日本人の友達と一緒に学べること、IBは海外の大学進学にも有利なことが佑士には魅力的だったようです。

とはいえ、特殊な学校のためどんな受験対策をしたらいいのか分からず、相談できる先をいろいろ当たっていたときに山口先生とお会いする機会を得ました。最初の面談で先生から、ご自身もIB教育に高い関心をお持ちということ、日本でたくさんの受験生を指導された経験があることを伺い、なにより面談後に本人が「山口先生から教わりたい」と強く希望したことから受験までの一年間お世話になることに決めました。

佑士は小学校6年生の春、日本の公立小からNZの現地校へ移りました。2年目には英語に不自由せず授業についていけるようになり、NZ のほめて育てる環境のなかで自信をもって現地のクラスメイトと関わるようにもなりました。その一方で、日本の同級生が塾に通いを始めたと聞くと、いずれ帰国して自分は学校の授業についていけるのか不安を感じることもあったようです。

山口先生の授業を受け始めてしばらく経つと「NZの学校もいいけど、日本の勉強はやっぱりすごい」と言うようになりました。日本では決して勉強が好きな生徒ではありませんでしたが、山口先生から教わる国語、数学、面接対策はどれも「難しいけど、細かいところまでちゃんと教えてもらえるから解るようになるし、楽しい」と。勉強が楽しいと言われて正直、驚きました。

また周囲に同じような受験生がおらず、親もIBの経験はありませんので、疑問や不安あると彼はなんでも山口先生にご相談するようになりました。一年という長丁場、気分が下がるときや勉強がうまく進まないときもあり、山口先生からの的確なアドバイスと励ましが佑士の精神的な支えになっていました。

親としてはIB校が不合格だったときのことを考え、他の一貫校や付属校も受けたほうがいいのではとも思いました。そのとき山口先生から「学校はネームバリューや偏差値でなく、本人がそこで何を学べるのかに焦点を絞って考えるべきです」と言われ、先生が佑士の学力だけでなく性格や関心の方向などさまざまな視点から IB校への進学を応援してくださっていることが分かり、ほんとうに頭の下がる思いでした。

また勉強の合間には佑士の趣味や憧れている仕事の話にも先生が熱心に耳を傾けて下さったことから、佑士はすこし先の将来のことを考え始め、それも勉強の原動力になっていたと思います。山口先生の姿勢は常に「親身になる」という言葉そのもので、点数がすべての受験塾とは一線を画すものでした。

日本に比べ、NZでは早くから子どもたちに「自分はなにが好きで、なにを学んでいきたいのか」を考えさせます。大人の価値観を押し付けるのでなく、子ども自身が考え、意欲をもって進める道を探すために信頼できる指導者の存在は不可欠です。その意味でも息子は幸運だったと改めて感じています。

平日は現地校、週末は山口先生の授業と勉強漬けの一年間でしたが、息子はむしろ水を得た魚のように生き生きとして学校生活にも良い影響がありました。留学生としてお客様気分だったのが帰国前にもっと英語力をつけたいという欲が生まれ、学年末には最優秀成績者として学校長賞を受けるサプライズもありました。

現在、息子は第一志望のIB校に合格し、日々忙しく過ごしています。授業は想像以上に楽しいそうで、日本の学校らしい部活や行事にも自分なりの考えを持って関わっています。NZでの経験が良いかたちで生かされていることに親も安堵しています。息子は今でも、NZ 生活で一番思い出すのは山口先生との時間だと言います。先生がいたから勉強はおもしろいと思えるようになったと。山口先生との出会いと学びは、彼の人生の確かな糧となっています。

ほんとうにありがとうございました。