サービス一覧

サービス一覧


ニュージーランドで学ぶ全ての日本人の小中学生の子供たちが、ニュージーランド教育を通して、最高の結果を得られるサポートすること。それが私たちの目指すたった一つのゴールです。

学び方のアドバイスはもちろん、 実際の科目指導、帰国受験に至るまで、日本とニュージーランドの両国で25年の指導経験を持つプロスタッフが強力にサポートします。 ニュージーランド教育を通して最高の結果を得たいと望むなら、私たちにお任せ下さい。

 ニュージーランド教育 & 留学コンサルティング
ss1

将来に役立つ留学を選べていますか?

留学は大きな決断です。通常の日本の教育システムから外れ、たくさんの時間とお金をかけて行う選択。それなのにその決断は必ずしも、将来を見越したものになっているとは限りません。海外に行って英語が話せるようになれば…、帰国子女受験の方が楽だと聞いた…、海外への憧れから…。そんな単純な理由と勢いだけで行った留学が、本当に将来に生きるものになるでしょうか。

留学後の現実〜よくある留学の失敗例

実際そうした安易な発想で海外に飛び出した生徒の中には、留学後に挫折する子が少なくありません。自分が思っていたような学校ではなかった。言葉が通じずに家に引きこもり状態になった。日本人とばかり話をしていて、全く語学を伸ばせなかった。留学中の現地校の授業についていけず、成績と学力が大きく落ち込んだ…など、失敗の例は枚挙にいとまがないほどです。

悩んでいる子供

なぜ期待に胸を膨らませて行った留学が、こんな結果になってしまうのでしょう。それは「留学の目的」を明確にしていなかったからです。

当サービスで得られるメリット〜目的から逆算した留学をご提案〜

留学を真に価値あるものにするためには、「留学後の目的から逆算したプランニング」が不可欠です。なぜ留学をするのかを明確にし、留学の目的を達成するためのベストな留学プランを立てる。そうすることで無駄がなくなり、留学生活も充実したものになります。日本とニュージーランドの両国で25年の指導経験を持つ教育専門家が、留学を通じて人生を大きく変えるための「プロフェッショナルのプラン」をご提案します。

日本とニュージーランド国旗

Take Action NOW!

目的なき留学は、コンパスを持たずに荒波に漕ぎ出す航海のようなもの。いつ道を見失い、嵐の海中に投げ出されるかわかりません。せっかく決心して海を渡るのなら、その成果をしっかり将来につなげませんか。

私たちがご提案するのは、国内一般受験に変わる『新しい選択肢』としてのニュージーランド留学。あなたのお子さんの留学を、渡航前の学校選びから帰国・受験までしっかりサポートします。

将来を変えるニュージーランド留学を真剣にお考えなら、是非ニュージーランド教育&留学コンサルティングサービスをお試しください。お申し込みは今すぐに、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

 帰国受験対策講座(留学生サポート塾『塾天(じゅくてん)』とのコラボ)
ss2

帰国子女受験なら一流校に入れるという幻想

海外の学校に行って帰国子女受験をすれば、一般受験では難しい一流校にも入れる。そう勘違いされている方を、時折お見かけします。しかしそれは完全な「幻想」にすぎません。一流校が求めているのはどこまで行っても、「一流の学生」だけ。海外の方が楽だからと留学をするような学生が、苦もなく入学できるということはありません。

 

見落としがちな帰国子女受験の落とし穴

帰国子女指導をしていて一番心配なのは、帰国子女受験を「逃げ」に使っている生徒です。一般受験より帰国受験のほうが簡単だから…。そんな安易な理由で留学をし、帰国子女受験を受ける。そんな生徒が今も後を絶ちません。

確かに一般受験に比べれば、帰国子女受験のほうが受かりやすい側面があるのは否定しません。しかし受験は受かったら終わりではない。志望校に入学後は、一般受験で入った生徒と肩を並べて授業を受けるのです。同じだけの学力をつけておかなければ、入学後にたちまちおいていかれます。また帰国子女受験で必須の英語力や小論文の力がなく、帰国子女受験で苦戦する生徒も後を絶ちません。

当講座で得られるメリット

そんな失敗をせず、留学中に確かな学力をつけて「一流校」に合格をしたい。そう真剣に願う方は、是非、この帰国子女対策講座をお試しください。

日本の超一流校に多数の合格者を輩出してきた元大手名門進学教室のトップクラス講師が、責任を持って指導。2020年の教育改革以降の入試や、日本でも注目を集めている国際バカロレア入試にも完全対応し、立命館宇治や東京都立国際高、東京学芸大学附属中等教育学院など、国内トップ校の国際バカロレアコースに合格者を出しています。

受験生と帰国子女

受験で求められる数学や英語といった入試科目の指導はもちろん、次世代型入試に求められる小論文やプレゼン、集団討論対策も万全。日本の一流校帰国子女受験なら、当講座におまかせください。

生徒のモチベーションをMAXまで高める指導

帰国子女受験指導は星の数ほどあります。そんな中で当講座が自信を持ってご提供しているサービス。それが、「生徒のメンタルケア」です。

受験を勝ち抜く上で一番大切なこと、それは「生徒自身が学習意欲をキープする」ことです。どんなに実力がある生徒でも、自分の実力を発揮できなければ受験では成功できません。長期戦になる受験勉強の中で、生徒がやる気を失うことなく、また自信をなくすことなく導くことは、合格力を高める上で最も重要な要素といっても過言ではありません。

「先生に指導してもらったからこそ合格できた」。これからもそんな嬉しい言葉をこれからももっと聞くための確かな指導をお約束いたします。

 

Take Action NOW!

どんなにテクノロジーが進化しても、教育は人が作るのです。だからこそ「誰と学んだか」が、お子さんの未来を大きく変えるのです。

御三家中や早慶中高、最難関国公立高校に多数の合格者を輩出してきた指導歴25年のベテランプロ講師、山口たく(TAKU先生)が全て直接指導!そのため指導枠には限りがございます。

グローバルな夢を叶えるための万全な帰国子女受験対策、あなたも始めませんか?気づいている方は、もうすでにスタートしています!

トライアル授業のお申し込みはこちら!

ご希望の方は、下記ボタンをクリックして、トライアル授業($20/H)を今すぐお申し込みください。

※ ボタンをクリックすると、塾天の講座申し込みページが開きます

 ニュージーランド在住子女向け学習塾『Terra寺子屋塾』
ss3

教科書での学びは、本当に海外在住子女に最適?

日本語の学習といえば、日本の学校で使っている「教科書」。そう思っている方が、何と多いことでしょう。たしかに教科書は多くの工夫が凝らされた素晴らしい教材。しかしそれはあくまで、日本で毎日日本語に囲まれて生きている、日本の子供のための「学校教材」であることに気づいているでしょうか。

 

間違いだらけの海外日本語子育て

海外に住む子供にとって、第一言語は日本語ではありません。その現実にまず目を向けることが大切です。日本に生きている子供たちと同じようには日本語を学ぶことはできず、やがて必須語でない日本語は「面倒な学習」に変わる。その現実を直視し、海外に住む子供達にとってはどんな日本語学習がいいのかを考えること。それが子供を日本語嫌いにせず、確かなバイリンガルに育てる唯一の方法です。

Terra寺子屋塾スナップ集

当塾で育める学力とスキル

当塾はそんな海外に生きる子供たちが、「無理なく無駄なく楽しく」日本語を学べる学び舎として2011年に誕生し、これまで100人を超える子供たちが学んでいます。将来日本語で学んだり仕事をしたりするための「生きた日本語」力を育てるとともに、ニュージーランドの現地校で必要なMathやScienceの力も伸ばせる塾です。

重視しているのは、「日本語で考え、表現できるスキル」を持った子供を育てること。当塾は海外で育つ子供のための教育をまっすぐに追いかけます。

 

Take Action NOW!

海外で子育てをすることは、誰にとっても難しいチャレンジ。英語環境での学習を心配しつつも、一方で日本語の伸びがとても不安…。それはきっと海外で子育てをする親なら誰でも抱える、共通の悩みでしょう。

そんな悩みを抱えながら毎日お子さんと向き合うのは、とても疲れるし、苦しいもの。だからこそあなたの抱えているその悩みに寄り添い、教育のプロフェッショナルとしての視点だけでなく、同じ親としての目線からもアドバイスをし、サポートしていきたい。それが「海外日本語教育駆け込み寺」としてのTerra寺子屋塾の使命だと考えています。

日本語子育てや、日本語教育に悩んでいるなら、まず私たちに相談しませんか?無料体験は、随時受け付けています。

相談することから、あなたの日本語子育てはきっと変わり始めるはず!あなたのサポートができる日を、スタッフ一同心から楽しみにしています。

ご興味のある方は今すぐ、お問い合わせフォームから無料体験をお申し込みください!

 留学生のための目標設定プログラム『TEENSビジョンプランニングコース』
ss4

お子さんの志望校選び、まだ偏差値頼みですか?

大学を選ぶとき重視するのは偏差値。少しでもいい大学に入れば将来が安心。まだ、そう考えてはいませんか?2020年から始まる教育改革以降の入試では、そんな昔ながらの発想は通じなくなるかもしれません。

急速なグローバル化と人工知能(AI)の発達がもたらす社会の変革の中で今、「どの大学で学んだか」ではなく「大学で何を学んだか」が問われ始めています。偏差値信仰を続けていては、時代の流れにおいていかれる恐れもあるのです。

 

「自分が本当に望むことがわからない」リスク

「大学で何を学んだか」を問われる社会では、「自分が何をしたいのか」が明確であることが必要。しかし自分が本当に望んでいることを知っている子供は、少数派ではないでしょうか。

これからは自分のつく職業から逆算して専攻を選び、大学を決める時代。そんな中で自分が望むものがわからなければどうなるでしょうか。「自分の望むことがわからない」リスクは、自分の人生の選択肢を自ら狭める恐れさえあるのです。

「望む場所で、望む仕事をしながら、世界に貢献する喜びを実感できる未来」をつかむ為に

しかし実際に「自分が真に望むこと」を見いだすのは、とても難しいことです。

そんな難題をクリアし、自分の情熱と才能に気づき、「望む場所で、望む仕事をしながら、世界に貢献する喜びを実感できる未来」をつかむ為に、このTEENS ビジョンプランニングコースは誕生しました。

コンパス

Take Action NOW!

これまで指導してきたたくさんの生徒のうち、大きな成功を挙げた子供達にあった『共通点』。それは自分自身の目標=ビジョンをしっかり持っていたということです。
どんな子供にも、その子にしかない「得意」と「好き」があるもの。たった一度の人生です。あなたのお子さんを『望む場所で、望む仕事をしながら、世界に貢献する喜びを感じて生きる人生』を探す旅に、お子さんを行かせてみませんか?

お子さんに充実した有意義な留学を与えたいと思われるなら、まずはトライアル講座をお試しください。お問い合わせフォームからお申し込みください。